Google Analyticsによるアクセス解析

集客と検証によってPDCAサイクルを回す

編集する

集客と検証によってPDCAサイクルを回す

成果を継続して伸ばしていくためには、自社の商材やサービスを必要とする見込み客となりうるターゲット層を拡大しながら、アクセス数を増やしていくことが必要です。

ホームページのコンテンツは、通常だと自社の商材をストレートに訴求するためのキーワードを軸として展開します。 例えば、手作りの創作家具を扱うショップであれば、ホームページの立ち上げ時には「注文家具」や「オーダー家具」をメインワードとし、関連するワードである「ソファ」や「テーブル」等を複合ワードとして、SEO対策を考慮しながらサイト構造を設計していきます。

しかし当然のことながら、当初想定していたターゲットからのコンバージョン率を改善するだけでは売り上げを増やすにも限界があり、ビジネスをさらに大きく成長させるためにはターゲット層の拡大が不可欠となります。

新たな見込み客を集客し、検証する

新たな見込み客となりうるユーザーが利用するであろうキーワードをリサーチし、リスティング広告を出稿することで集客を行い、さらにコンテンツの追加、検証、改善を重ねることで、これまでにアプローチしきなかったターゲットを顧客へと転換させ、売上を大きく伸ばしていくことが可能です。

見込み客が利用する検索キーワードを軸として集客、検証、改善を行いながら、成果を上げていく手法をキーワード中心設計と呼んでいます。詳しくは、弊社の運営する特設サイト「キーワード中心設計によるホームページ制作」をご覧になってください。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お見積もりフォームへ お問い合わせフォームへ
pagetop