Google Analyticsによるアクセス解析

アクセス解析が必要なわけ

編集する

アクセス解析が必要なわけ

実際に店舗をオープンすれば、お客様がどういった意図で来店し、どういった商品に興味があるのかを接客することで把握することができます。また、どのように商品を探しているのかを、行動を観察することで知ることができます。

店舗運営においては、リアルに来店客と接することで「来客数が少ない」であったり、「来店はするが商品は購入してもらえない」であったり「リピーターが少ない」だったりする現状をつぶさに感じながら問題を把握し、ビジネスを改善していくことができます。

ホームページでのお客様の行動を把握していますか?

ホームページを立ち上げた後も、実際にホームページを訪れたユーザーがどのような行動をとったのかを把握しなければ、成果を上げるための具体的な次の一手を打ち出していくことは出来ません。

ホームページはどれくらいのアクセスをどういった経路で集めることが出来ているのか?
ホームページを訪れたユーザーはどのようにコンテンツを見てくれているのか?

こういったユーザーの行動を把握していくためには、ホームページを訪れたユーザーが残すアクセスログを取得して、解析していくためのアクセス解析が必要です。

□アクセス解析でユーザーの行動を把握する

ホームページから成果を上げるために必要な施策は大きく2つです。

見込み客をサイトに集客すること × 集客した見込み客をコンバージョンさせること

アクセス解析を導入し、ホームページを訪れたユーザーの行動を把握することで、必要な次の一手を明確にし、改善策を実行して再び検証を行う。

ネット上でビジネスを改善していくために必要なPDCA(企画→実行→検証→改善)サイクルの中で、アクセス解析が担う「効果検証フェイズ」は具体的な次の一手を導くために、必須のプロセスです。

東京:03-6438-1830 大阪:06-6534-7800
お見積もりフォームへ お問い合わせフォームへ
pagetop